部品供給の業務内容と求められる人材

倉庫から作業場所へと部品を運ぶ仕事

工場では、様々な部品を使用して、製品を組み立てていきます。その部品を、組み立て作業をしている人のところまで届けるのが、部品供給の仕事です。基本的には、管理をしている人から、部品がなくなりそうだという指示を受け、その指示内容に応じた部品を倉庫まで取りに行きます。そして、部品を届け終わったら、また新しい指示を受ける形です。

どのような部品を取り扱うのかは、工場によって異なります。そして、具体的な作業内容も様々で、手作業で部品を集めて回ることもあれば、フォークリフトでまとめて部品を運搬する場合もあります。さらに、自分の足で部品を探して回るのではなく、いくつもの種類がある部品の中から必要なものを探し出すというパターンもあります。その場合は、ベルトコンベアに乗せるだけで、そのベルトコンベアが作業をする人のところに届けてくれます。

集中力と体力がある人が求められる

部品供給の仕事は基本的に、チームで行うのではなく、ひとりでの作業が基本となります。指示に従って、倉庫から必要な部品を集めて、作業場へと持っていくという流れを繰り返します。そのため、ひとりでの作業が靴ではないという人に向いています。そして、倉庫から正しい部品を選ぶという、正確性が必要です。長時間働いていると、間違った部品を選ぶリスクが高まります。しかし、それでも集中力を途切れさせず、正しい部品を選べる人が求められます。

また、部品の中には、重いものもあります。それを箱のまま台車に乗せ、運ぶ作業をすることも多いです。さらに、部品供給の仕事では、原則的に立ちっぱなしです。したがって、長時間立ったり歩いたりすることが可能で、ある程度重い部品が入った箱を運べる、体力も欠かせません。