ライン作業をスムーズに行うために向いているスキルや性格は?

同じ作業の繰り返しに飽きない性格の人が向いている

工場のライン作業はその多くが単純作業の繰り返しです。品質が安定している製品を多数作り続けることから作業そのものを疎かにはできませんが、それでも同じ行為を長時間繰り返すのは精神的な疲労を招きます。工場の側も一定期間ごとに配置転換を行うなど、単調にならない工夫を凝らしていますが根本的な解決には至っていません。そのため、ライン作業を長期間続けるには個人ごとの性格が重視されます。同じ作業を繰り返しても嫌気を感じない、飽きっぽくない人ほどライン作業に適していると言えるでしょう。また、同じ行為を何度も繰り返すと体がその状況に慣れてしまい、集中力が減退する問題があります。作業のミスに繋がることから、集中力が途切れない人もライン作業に必須な人材です。

無駄のない機敏な動きも求められる

ライン作業は一日中同じ場所に立ち続けて製品作りに従事するイメージがあります。そのような現場もありますが、大抵は製品の移動や原料の補充などの雑務も兼任していることから頻繁に動くケースも少なくありません。ライン作業は複数の人が従事する流れ作業でもあることから、一人のミスが多くの工程に悪影響をもたらします。そのような事態を避けるためにも、限られた時間の中で仕事をこなさなければいけません。ミスをしない堅実な働き方はもちろん、無駄のない機敏な動きもライン作業に求められるスキルと言えるでしょう。製品をどこへ運ぶか、補充する原料はどこへ置けばスムーズに扱えるかなど、雑務に時間を取られないための工夫が作業の質を向上させます。

大阪の寮の派遣は、基本的に寮が勤務先から近いことがほとんどであり、遠い場合も送迎バスが用意されているケースがあります。