ライン作業は何か資格は要るの?面接で優遇される資格はありますか?

ライン作業に有利な国家資格

ライン作業などがある工場に就職する際に有利で、汎用性の高い国家資格は2つあります。1つは、衛生管理者です。衛生管理者は、労働による災害を防ぎ、労働者を健康障害から守るための資格です。労働安全衛生法によって定められている国家資格ですが、一定以上の規模の工場は衛生管理者を配置することが義務付けられています。そのため、業種に限らず、どのライン作業の工場でも資格を活かせます。もう1つは、エネルギー管理士です。エネルギー管理士は、燃料や電気などのエネルギー消費量が多い工場に必要な資格で、エネルギーの使用効率の改善や監視をします。

自動車工場や電子機器工場、食品工場や化粧品工場など、エネルギー使用量の多いライン作業には必須の資格なため、面接において優遇されるでしょう。

ライン作業に有利な民間資格

民間資格の中で、ライン作業などの工場に就職する時に有利になるのは、品質管理検定です。品質管理検定は、品質管理に関する知識と改善能力の証しとなります。ライン作業の現場では良く知られている、データ分析のための「QC(品質管理)7つ道具」に対する知識が必要な資格なので、どの分野のライン作業でも資格が活きます。7つ道具には、パレート図やヒストグラム、グラフ、チェックシート、特性要因図、散布図、管理図があります。

これらのデータから品質を管理し、作業効率の改善点を探ることが有資格者の役割です。品質の管理と改善は、どのジャンルのライン作業であっても必要不可欠なプロセスであるため、面接では優遇される民間資格です。